聞き手反応としての音声・視覚表現の形態・位置・動きを理解し,実行できるようになるCALL教材DiscourseWareの開発
Developing DiscourseWare, a CALL courseware for understanding and producing the form, location and movement of audio-visual reactive tokens
ID1056 種類学会口頭発表 出版年2006
日本語タイトル聞き手反応としての音声・視覚表現の形態・位置・動きを理解し,実行できるようになるCALL教材DiscourseWareの開発
英語タイトルDeveloping DiscourseWare, a CALL courseware for understanding and producing the form, location and movement of audio-visual reactive tokens
第一著者歌代 崇史
共著者河合 剛
編者 本文の言語Japanese
雑誌名/出版社第20回日本音声学会全国大会予稿集
Proceedings of the Phonetic Society of Japan (PSJ-2006)
ページ9 - 14
ISBN 巻特記事項 ページ特記事項
発表地 査読の有無
カテゴリ日本語教育
キーワード
Language